新規加入キャンペーン
Facebook Twitter Instagram Youtube

文化財防火デー消防訓練

2024.02.02

1月26日は文化財防火デーに制定されています。この日を前に周南市消防本部と遠石八幡宮が協力して消防訓練を行いました。訓練には消防本部職員と遠石八幡宮関係者およそ20人が参加しました。本殿から出火した想定で、119番通報から初期消火、参拝者の避難誘導、文化財の搬出などの流れを確認し、消防による放水訓練が行われました。遠石八幡宮は、昭和11年の火災で社殿が全焼。再建された現在の本殿は、国の登録有形文化財に指定されています。遠石八幡宮の黒神直大宮司は「初期消火のために日頃の意識をしっかり持っておく。訓練を機に職員一同に徹底したい」、周南市東消防署の山本勝行署長は「市民にこうした取り組みを知って頂いて、防火意識が向上し地域の安心安全につながれば」と話した。


■ニュースを動画でご覧ください。


地域の情報などお寄せください。
ccstv@ccsnet.ne.jp