新規加入キャンペーン
Facebook Twitter Instagram Youtube

喫茶ポパイの跡地に レトロcafe洋燈(ランプ)

2023.08.01

レトロcafé洋燈が喫茶ポパイの跡地にオープンして間もなく1年を迎える。

喫茶ポパイは周南市銀座通りに1946年に創業。徳山駅からは徒歩1分の距離で、徳山空襲で被害を免れた蔵を喫茶店に改装したという話を以前、取材に行った際に聞いた覚えがある。

店内には数々のオイルランプが吊るされ、操舵輪のオブジェなどもあった。独特の装飾に目を奪われた。家庭料理、家庭の味を大切にしていた店。創業当時から変わらない味を求めて老若男女、様々な人が訪れていた。閉店の話が耳に入った時には物悲しい気持ちになった。

そこに新たにオープンしたレトロcafé洋燈。店内に一歩足を踏み入れると、昔と変わらないその姿、雰囲気に驚かされた。当時の装飾はほぼそのままに、そこには新たに色とりどりのトルコランプが店内を彩っていた。

店長の小林佐千恵さんに話しを伺うと、やはり喫茶ポパイは周南で昔から愛されてきたお店。その店の雰囲気やイメージを崩さないように、ノスタルジックな世界観を出せるように心を砕いたとのこと。

メニューに関してもナポリタンやホットケーキ、お子様ランチに加え、大人も楽しめる「エモいランチ」など豊富に用意し、昔ながらの喫茶店のメニューにレトロcafé洋燈らしさを絶妙にプラスしたラインナップになっていた。

おすすめは店の人気メニュー、ナポリタンとオムライスにサラダが付き、更にドリンクもセットとなった「よくばりランチ」。喫茶ポパイで使われていたフライパンで調理され、ドリンクのコーヒーも当時使われていたコップに入れて提供された。

ナポリタンを一口食べた瞬間に、小さな頃を思い出した。昔懐かしいあの味。ナポリタンのソースをベタベタと口に付けて叱られた。ピーマンだけ残した、あの頃のあの味。鼻孔をくすぐる甘酸っぱいケチャップの香りに少し柔らかめの麺。ソーセージの油が麺に馴染んでいるのも堪らない。

もう一品は「クリームソーダ」。およそ10色の色・味から選ぶことの出来るクリームソーダは、今回は緑のメロン味。上に乗ったランプの形のクッキーも可愛らしい。こちらは上下2層の味を変えることや、テイクアウトも可能。店主の小林さんは、年配のお客様が「高校生の時にここに来ていたのよ。」等と教えてくださるのが本当に嬉しい、と話す。

周南の歴史ある店、多くの人々にとって思い出深い店が、形を変えながらも着実にそこに受け継がれているのを感じた。

(井上華織)


レトロcafe洋燈(ランプ)
場所 周南市銀座通2-2
定休 日曜・月曜・祝日


■特集を動画でご覧ください。


地域の情報などお寄せください。
ccstv@ccsnet.ne.jp