CCSネット
Facebook Twitter Instagram Youtube

陶心子工房 山のみどりがまぶしく展 5月20日(月)まで開催中

2024.05.16

呼坂の萩焼陶芸家大林杉夫さんの作品展が始まりました。獅子や龍の置物、食器などおよそ200点が並びます。大林さんは造園業を営む傍ら20年前から陶芸を始め、独自の技法で獅子や龍などの造形物を創作しています。異なる種類の土を組み合わせ、土の独特な色合いをそのまま生かして質感を高めます。今回は葉をモチーフにした皿などに注力し、日常的に使える焼き物を提案しています。萩焼伝統の土の魅力を独特の色合いで表現しました。また、かつての中国の皇帝の衣に施された龍の刺繍を再現し、見る人に自由に想像してもらいたいと話しています。


【期間】 5月20日(月)まで 10時~17時
【場所】 陶心子工房(周南市呼坂155-6)
【お問合せ】 TEL090-3748-7027


取材依頼、地域の情報など気軽にお寄せください。
ccstv@ccsnet.ne.jp