新規加入キャンペーン
Facebook Twitter Instagram Youtube

学校給食費の無償化を求める署名を提出

2023.11.29

来年4月からの学校給食費の引き上げ中止と小中学校の給食費の無償化を求めて、「周南市学校給食費の無償化を求める会」が市に署名と要望書を提出した。市役所を訪れたのは、新日本婦人の会の徳山支部、熊毛支部の会員でつくる「周南市学校給食費の無償化を求める会」の8人。代表の古城美保子さんらが道源敏治副市長、厚東和彦教育長に2192人分の署名と要望書を手渡した。周南市の小中学校の給食費は、小学校が月に4500円、中学校が4930円。要望書では物価高騰のなか給食費が家計を圧迫しているとして、中学校卒業までの給食費無償化を求めている。また来年4月からの給食費引き上げについても中止するよう求めている。同会で小学6年生の子供をもつ、王綾さんは「物価高騰もあり生活が苦しくなっている。食費を削るしかない家庭もあり、子どもたちを栄養価の高い食材で健康に育てていくために無償化を実現してほしい」と話した。県内では岩国市、和木町、萩市、阿武町、上関町、周防大島町で小中学校の給食が無償化されている。


■ニュースを動画でご覧ください。


地域の情報などお寄せください。
ccstv@ccsnet.ne.jp