CCSネット
Facebook Twitter Instagram Youtube

第32回林忠彦賞授賞式

2024.04.28

周南市出身の写真家林忠彦を顕彰するため創設された林忠彦賞。授賞式は毎年東京で行われていましたが、32回目の今回から、周南市での開催となりました。受賞者は写真家の奥山淳志さんです。藤井市長から賞状が手渡されました。大阪府出身の奥山さんは京都外国語大学を卒業後、岩手県雫石町に移住し、写真家として活動を開始しました。今回受賞した作品は、写真集BENZO ESQUISSES 1920-2012です。北海道の大自然の中で自給自足で生活している井上弁造さんの生き様を捉えた写真集です。奥山淳志さんは「写真を通して弁造さんの生きた記憶が皆さんに見てもらえるのは喜ばしいこと」と笑顔をみせました。第32回林忠彦賞受賞記念写真展は4月29日まで周南市美術博物館で開催されています。弁造さんに関する写真集は今回で3冊目。奥山さんは、2012年に弁造さんが亡くなられた後も、現在まで26年にわたり写真で伝え続けています。


■ニュースを動画でご覧ください。


地域の情報などお寄せください。
ccstv@ccsnet.ne.jp