新規加入キャンペーン
Facebook Twitter Instagram Youtube

オンライン対戦ゲーム どうぶつクライシス アプリ配信スタート

2024.03.31

周南市の囲碁団体「囲新プロジェクト」と山口市のウエブ制作会社が共同開発したオンライン対戦ゲームアプリ「どうぶつクライシス」が2月25日、リリースされました。囲新プロジェクトとは、「いいいいい教室」を拠点に周南市内の小中学校で囲碁体験会を行う等、囲碁文化の普及活動などを行っている団体です。けれど新型コロナウイルスの影響でそれらの開催を対面型で行うことが難しくなったことから、アプリの開発に踏み切りました。完成したゲームアプリ、どうぶつクライシスは囲碁の基本ルールをベースに、可愛らしい動物モチーフのキャラクターを使い、より多くの陣地を取り合うゲーム。それぞれの動物は独自のスキルを持っており、そのスキルを使いながら10ターン内にプレイヤー同士が交互に動物を配置していきます。またゲームは約3分程度で勝敗が決まるので、ちょっとした空き時間に手軽に楽しむことができます。囲新プロジェクト専務理事の國冨さんとプロ棋士の堀本さんにアプリの楽しみ方を教えてもらいました。するとあら不思議。囲碁のことを全く知らない私でも、このゲームを即座に楽しむことができました。(それにしてもプロの棋士の方ってすごいですね。さっとレベルを私のレベルまで合わせてくださいました…。)お二人はこのアプリが多くの人に囲碁に興味を持つきっかけになってもらえれば、と話していらっしゃいましたよ。また今後はキャラクターの数を(現在は7種類)もっと増やしていきたい、とも言われていました。アプリの今後も楽しみですね。アプリは「どうぶつクライシス」で検索。iPHONE版、アンドロイド版、どちらも無料で配布しています。ぜひ、ダウンロードしてみてくださいね。

(井上華織)


■特集を動画でご覧ください。


いいいいい教室
【場所】周南市栄町2丁目38栄町ビル3F
【電話】0834-51-7357


地域の情報などお寄せください。
ccstv@ccsnet.ne.jp