CCSネット
Facebook Twitter Instagram Youtube

田原清香園茶舗×はつもみぢ スイーツを共同開発

2024.05.05

1819年創業の四季醸造酒造の「はつもみぢ」と1819年創業の日本茶・茶具店の「田原清香園茶舗」が共同で開発したスイーツの販売が4月8日からスタートしました。日本酒とお茶のコラボって珍しいですよね。今回は渡邊さん(はつもみぢ)と田原さん(田原清香園茶舗)にお話しを伺いました。渡邊さんによると、共同開発のきっかけは、はつもみぢが年に一度主催する「酒蔵まつり」から。このイベントで田原さんが作った日本酒を染み込ませた抹茶のティラミスを販売したところ、2時間も経たずに完売してしまったこと、来場者にとても好評だったことから商品化を考えたそうです。また今回はその他にも日本酒と砂糖を溶かしたシロップをパウンドケーキにたっぷりとつけたケーキも共同で開発。お酒の弱い人でも日本酒の香りや美味しさを感じ、スイーツとして楽しむことが出来るようにとこだわりを持ち、どなたでも美味しく食べることが出来るスイーツが完成しました。そんな訳で…共同開発された2種類のスイーツを実際に私も食べさせてもらうことに。まずは抹茶のティラミスから。こちらは試行錯誤を経たのちに「香り升抹茶ティラミス」と改名。抹茶とマスカルポーネクリーム、そして日本酒を香り付けに使ったスイーツです。そしてそれらを使ったスポンジケーキを升の中に入れ、幾つもの層にした、蕩けるような食感が魅力の一品です。名前の通り、お茶の清々しい香りと日本酒の深くて甘い香りも特徴的なんですよ。続いて「日本酒パウンドケーキ」。こちらはシンプルな見た目ですがそれ故に、美しい焼きあがりに目を奪われるスイーツです。食感はしっとりとしつつも柔らかい感じ。優しいケーキの味わいの中に淡く香る日本酒がアクセントになっています。またこのパウンドケーキ、田原さんはいずれ抹茶味も提供したいと言われていましたよ。それもとても楽しみですね。なお、どちらのスイーツも周南市飯島町の原田酒場で購入することができます。原田酒場の営業時間は13:00~19:00まで。定休日は日曜日・祝日となっています。

(井上華織)


■特集を動画でご覧ください。


田原清香園茶舗
【場所】周南市平和通2-22
【電話】0834-21-0611


はつもみぢ(原田酒場)
【場所】周南市飯島町1-40
【電話】0834-21-0075


地域の情報などお寄せください。
ccstv@ccsnet.ne.jp